2014年08月30日

Windows8.1 0x80073cf9 エラーで Windows ストアアプリがインストールできない

実に久しぶりの投稿です。

今年の春にDell Venue8 proを購入、なんだかんだありながらも快適に使ってきました。現在はWindows8.1が入っています。
最近になって、アプリをダウンロードしようとストアからインストールをタップするも、途中でインストールが中断されるようになってしまいました。どのアプリについても同じで、 0x80073cf9 のエラーコードが表示されます。

原因としてはC:\Windowsフォルダ内に必要な一時フォルダが存在しなかったことのようで、以下の2つの方法を試しました。

まず、こちらのサイトを参考にAUInstallAgentというフォルダを作成。これだけでは障害が復旧しませんでした。

続いてマイクロソフト コミュニティのページを参考にAppReadinessというフォルダを作成。これで再び、正常なインストールが可能になりました。

AUInstallAgentフォルダについては、現時点では必要か不要か判断付きませんので、当面そのまま残しておくことにします。


posted by nambei-x at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404573283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。