2012年08月10日

Windows7で新規ユーザーが作成できない件(User Profile Service)

前回の記事でWindows7でのGuestアカウントについて書きました。

実は検証のため、別のWin7機でも同様の作業を行ったんですが、こちらではどうしてもGuestアカウントが作成されませんでした。
Adminでログオン、コントロールパネルのユーザーアカウントからGuestを有効にして再起動、ようこそ画面でGuestを選択してログオンしようとしても、以下の文言が表示されてログオンできません。

User Profile Serviceサービスによるログオンの処理に失敗しました。 ユーザープロファイルを読み込めません。

それでは、と、Guestではなく新規ユーザーを作成してみても、同様のエラーでログオンできません。
この現象自体、割としばしば発生するようで、ネット上にもさまざまな解決方法が紹介されていますが、どれも何となく決定的なものではない感じです。こちらでも以下のすべてを実行しましたが、まったく解決しませんでした。

・レジストリエディタからユーザープロファイルを修復・・・そもそもユーザーが作成できないので、修復するべきプロファイルは存在しません。
・セーフモードでGuestを有効化・・・ログオンできない。
・UACの設定を「通知しない」に変更・・・ログオンできない。
・C:\usersフォルダのアクセス権設定・・・正常なPCと見比べてみたが問題なし。
・chkdsk実行・・・変わらず。

しばらく悩んで、イベントログを見てみました。

1.コンピューターを右クリック→管理をクリック
2.左ペイン「イベントビューアー」→「Windowsログ」→「アプリケーション」 と展開
3.時刻からGuestでログオン試行の際のエラーを特定

すると、Guestログオン試行時に必ず、イベントソース:user profile general のエラーが発生していることを確認しました。

ファイル \\?\C:\Users\Default\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP12\imjp12cu.dic\\?\C:\Users\TEMP\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP12\imjp12cu.dic にコピーできません。ネットワークの問題が発生しているか、セキュリティの権限が不足していることが原因と考えられます。

詳細 - アクセスが拒否されました。

ファイル \\?\C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\IME12\\\?\C:\Users\Guest\AppData\Local\Microsoft\IME12\ にコピーできません。ネットワークの問題が発生しているか、セキュリティの権限が不足していることが原因と考えられます。

詳細 - アクセスが拒否されました。

そこで、Adminでログオンし、C:\Users\Default フォルダ内の該当ファイル・フォルダをエクスプローラーで見てみることにしました(C:\Users\Default フォルダが見えない場合はフォルダーオプションで隠しファイルを表示に変更してください)。

すると、C:\Users\TEMP\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP12\imjp12cu.dic ファイルと C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\IME12 フォルダのアイコンに鍵がかかっています。
プロパティのセキュリティタブを開くと、AdministratorとAdministratorsにフルコントロールの権限が付与されています。
これらのファイル・フォルダは、正常にGuestアカウントが有効になったPCには存在していません。
そこで、IME12 フォルダと IMJP12 フォルダをAdminのデスクトップに移動、ログオフしてGuestでのログオンを試したところ、ついにプロファイルの読み込みが開始され、デスクトップにアクセスすることができました。

今回分かったことは、Windows7では、新規ユーザーが作成される際には、C:\Users\Default フォルダ以下を新規ユーザーのフォルダとしてコピーする、ということです。
コピー元のDefaultフォルダの中に、特殊なアクセス権が付与されたファイル・フォルダが存在したために、新規ユーザー向けのフォルダの作成が拒否され、今回の現象が発生した、と分かりました。

それではこのファイル・フォルダは何なのか、ということですが、どうもIMEのユーザー辞書に関連するもののようです。これがなぜDefaultフォルダ内にあるかについては不明ですが、これらの作成日を見ると大量のWindows Updateが行われた日だったので、その時に何らかの理由で紛れ込んだのでは?と推測します。

Windows7で新規ユーザーが作成できない現象に見舞われている方は、一度イベントログに同様のログが吐き出されていないか確認してみてください。そして該当のファイル・フォルダをDefaultフォルダから退避させてから再度ログオンにチャレンジしてみてください。


posted by nambei-x at 15:52| Comment(10) | TrackBack(0) | PC・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同様の症状が発生し、色々と試しても駄目でしたが、こちらの方法で解決出来ました。ありがとうございました!
Posted by たすかりました at 2013年03月12日 17:34
こちらもずいぶん苦労しました。お役に立てて何よりです(^^)
Posted by nambei-x at 2013年04月03日 10:12
数年越しの懸案事項が解決しました。ローカルアドミン権限を貸与したドメインユーザーなら新規ログイン出来ていたので、全て辻褄が合って納得しました。感謝の一言につきます。ありがとうございました。
Posted by 感謝します at 2013年08月14日 14:42
大変助かりました。これが本質的な解決策なのに、Webでは他からプロファイルを持ってくる解決策がどうしても検索されちゃいますね。
Posted by やまと3 at 2014年03月01日 21:48
感謝です。
一日苦労してました。既存ユーザーへの対応は
検索できましたが、新規ユーザーの方法が
見つからなくて苦労しておりました。

私の場合、イベントビューアーに記載されている
ファイルが見つからず(隠しフォルダ表示でも)
手詰まりかと思いましたが、ファイル名を検索

したところ、引っかかってくれました。
その検索窓から切り取り→移動で対応できました。
Posted by ありがとう! at 2014年06月23日 19:21
すみません、検索しまくってここにたどり着いたのですが
そもそもアカウントを作成した時にユーザーの中にそのアカウントのフォルダが作成されないという状況で同様のエラーが出ています。

そういう状況ではどこを疑えばいいでしょうか?
Posted by at 2014年07月04日 10:49
同じエラーで苦労していましたが、こちらの方法で解決しました。
本当にありがとうございます!
Posted by jun at 2014年08月24日 03:18
検索したらこちらのページを見つけました。
全く同じ症状だったので、C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\IME12\の所有者をAdministrators、アクセス許可を「親からの継承可能なアクセス許可を含め」、「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換え」たら解決しました。
ありがとうございました!
Posted by k.sasaki at 2015年01月09日 19:15
同様のエラーで困っていました。問題が無いDefaultプロファイルの準備方法がわからず困っていましたが、この対処方法で無事解決しました。
ありがとうございました。
Posted by 通りすがり at 2015年06月20日 22:01
ありがとうございました(^-^)/危うくリカバリーに走らされるところでした。おかげさまでサクッと解決できました。リンク張らせていただきました。→ http://ese-se.blogspot.jp/2015/08/user-profile-service.html
Posted by at 2015年08月24日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/285886703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。