2011年10月07日

エラー値: 2147943711  タスクスケジューラに登録したタスクが自動実行しない場合の対処法

Windows Server 2008 R2のタスクスケジューラに登録したジョブのうち、いくつかが自動実行に失敗します。
失敗するのはいずれも夜間、管理者(=自分)がいない時間帯に設定したもの。日中のジョブは問題ありません。

タスクスケジューラの「前回の実行結果」欄には、「現在、ログオン要求を処理できるログオンサーバーはありません。(0x8007051F)」と出ています。
また、履歴のエラーには、
  タスクのカテゴリ:タスクの開始が失敗しました
  オペコード:起動エラー
  全般:タスク スケジューラは、ユーザー"***(ユーザー名)"の"***(タスク名)"タスクを
  開始できませんでした。追加データ:エラー値:2147943711。
とあります。

以前もタスクスケジューラがうまく動作せず、こちらのような手順で修正しましたので、今回もアカウント関連と推測し、じっくりと調査、ようやく原因を発見しました。

原因はこちらも簡単でした。

日中の作業中は、Administratorでログインします。
作業が終了すればログアウト、UPSが定時シャットダウンを実行するまでそのままの状態です。
今回作成したタスクは、すべて「タスクの実行時に使うユーザー アカウント」がAdministratorのままでした。

これをログイン不要な、強力な権限を持つユーザーに変更すればよいわけです。
ということで、登録されたタスクのプロパティの「全般」タブ→「ユーザーまたはグループの変更」をクリックして編集ウィンドウを開きます。

20111007_2139949.png


空欄に「SYSTEM」と入力して「名前の確認」でこのユーザー名が存在することを確認後、「OK」をクリックします。
これでNT AUTHORITY\SYSTEM がこのタスクを実行するユーザーとなり、Administratorがログインしていない状態でも設定された時刻にタスクが実行されるようになりました。

posted by nambei-x at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229363587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。