2011年09月27日

Windows Server バックアップをタスクスケジュールに登録

Windows Server 2008 R2 のバックアップについて、現在は Windows Server バックアップを利用して毎日定時にバックアップを自動作成しています。
バックアップ専用の外付けHDDを用意し、その中に順次書き込んでいく形です。

今日、ちょっと実験的にインストールDVDから起動し、バックアップからのシステムの修復の手順を確認したところ、スケジュールされたバックアップからは最新の1つしか選択できない状態でした。
OSを起動させて、Windows Server バックアップの「回復...」からの修復の場合、バックアップファイルの日付は指定できますが、当然、Cドライブ全体をその日付のものに完全に変更することはできません。

スケジュールされたバックアップ作成直後に不具合が見つかり、どうしても原因不明の場合、できれば数日前までシステムボリュームを戻したい、ということも今後起こるかもしれません。
ということで、コマンドプロンプトの wbadmin 機能を使用して、別の外付けHDDへの一回限りのバックアップを検討することになりました。

手順としてはwbadmin.exeを操作するバッチファイルを作成、それをタスクスケジューラに登録し、週に一回の頻度で起動させます。

バッチファイルには下記のとおり記述、「wbadmin_backup.bat」という名で保存しました。動作結果は C:\webadmin_backup.log に記録されます。

WBADMIN START BACKUP -backupTarget:E: -include:c:,d: -vssFull -quiet
>C:\webadmin_backup.log
exit


これをタスクスケジューラに新しいタスクとして登録、週に一回実行させます。
タスクが実行されるたび、新しいバックアップデータが E:\WindowsImageBackup 以下に上書きされます。

20110927_2133597.png


実行後の webadmin_backup.log の内容です。

wbadmin 1.0 - バックアップ コマンド ライン ツール
(C) Copyright 2004 Microsoft Corp.

ボリューム情報を取得しています...
これによりボリューム System(C:),Data(D:) が E: にバックアップされます。
E: へのバックアップ操作を開始しています。
バックアップに指定されたボリュームのシャドウ コピーを作成しています...
バックアップに指定されたボリュームのシャドウ コピーを作成しています...
ボリューム System(C:) のバックアップを作成中に (0%) をコピーしました。
ボリューム System(C:) のバックアップを作成中に (0%) をコピーしました。
ボリューム System(C:) のバックアップを作成中に (1%) をコピーしました。
ボリューム System(C:) のバックアップを作成中に (2%) をコピーしました。
ボリューム System(C:) のバックアップを作成中に (3%) をコピーしました。

・・・(略)

ボリューム System(C:) のバックアップを作成中に (98%) をコピーしました。
ボリューム System(C:) のバックアップを作成中に (99%) をコピーしました。
ボリューム System(C:) のバックアップは正常に完了しました。
ボリューム Data(D:) のバックアップを作成中に (49%) をコピーしました。
ボリューム Data(D:) のバックアップは正常に完了しました。
バックアップ操作が正常に完了しました。
バックアップ操作の概要:
-----------------------

ボリューム System(C:) のバックアップは正常に完了しました。
ボリューム Data(D:) のバックアップは正常に完了しました。


この結果は、Windows Server バックアップのウインドウからも確認できます。

20110927_2133598.png



posted by nambei-x at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。