2009年09月30日

MacOSX iTunesでOggファイルを再生

一時はうちのメイン機として頑張ってくれていた iBook G4 ですが、最近はアンプにアナログ接続して音楽再生マシンとしての使用がもっぱらとなっています。
今日はこの iBook に、 Quicktime / iTunes で Ogg ファイルの再生を可能にするコンポーネントを入れてみました。

参考サイト
わかばマークのMacの備忘録

環境:
iBook G4(OS10.3.9) Quicktime7.5 / iTunes7.7.1

導入したツール:
XiphQT・・・Quicktime で Ogg ファイルを再生可能にするコンポーネント

Xiph QuickTime Components トップ
XiphQT ダウンロードページ

ダウンロードした dmg ファイルをマウントし、中の XiphQT.component を /Library/Components フォルダにコピーする。

再起動後、 iTunes で Ogg ファイルを再生することが出来ました。

Ogg 関係でもう一つ。

作成済みの Ogg ファイルのタグ編集を iTunes 上で行ったがうまく反映されない箇所があり、何かないかと探していたところ、Ogg Drop X というソフトを発見。これを使用してタグを書き換えることが出来ました。
Ogg Drop X 自体、本来は AIFF(オーディオCD )ファイルを Ogg ファイルにエンコードするソフトだそうです。

Ogg Drop X トップ
Ogg Drop X ダウンロードページ

これら2つのソフトですが、開発・配布元は同じですので、トップページへのリンクも貼っておきます。

Xiph.Org
Xiph.Org Foundation(ウィキペディア)


なお、XiphQT について、ダウンロードページでは最新版の XiphQT 0.1.9 は OS10.3.9 でも使用可能、と書いてありましたが、該当の dmg ファイルをダウンロード、マウントしようとしたところ、当方の環境では正常にマウント出来なかったため、同じページの最下部、「Other Versions」の download directory より xiph-qt-0.1.8.dmg をダウンロード、こちらは正しくマウントされ、XiphQT.componentを取り出すことが出来ました。

念のため xiph-qt-0.1.9.dmg のマウント失敗時の画像です

osx マウント失敗

その後ディスクユーティリティで xiph-qt-0.1.8.dmg を開き、ディスクとして表示されたdisk2s1の情報は、下記の通りです。

    名前 :     disk2s1
    種類 :     ボリューム

    ディスク識別子 :     disk2s1
    マウントポイント :     マウントされていません

    ファイルシステム :     ISO 9660 ファイルシステム
    接続バス :     Disk Image
    書き込み可能 :     いいえ
    最大サイズ :     6.0 MB(6,290,944 バイト)
    有効なアクセス権 :     いいえ
    アクセス権停止可能 :     いいえ
    フォーマット可能 :     いいえ
    起動可能 :     いいえ
    ジャーナル記録利用可能 :     いいえ
    ジャーナル記録済み :     いいえ
    ディスク番号 :     2
    パーティション番号 :     1

さらに、ターミナルから確認したところ、下記の状態でした。
$ diskutil list
/dev/disk0
   #:                   type name               size      identifier
   0: Apple_partition_scheme                    *55.9 GB  disk0
   1:    Apple_partition_map                    31.5 KB   disk0s1
   2:              Apple_HFS iBook G4           55.8 GB   disk0s3
/dev/disk1
   #:                   type name               size      identifier
   0: FDisk_partition_scheme                    *6.0 MB   disk1
   1:                                           6.0 MB    disk1s1
/dev/disk2
   #:                   type name               size      identifier
   0: Apple_partition_scheme                    *11.1 MB  disk2
   1:    Apple_partition_map                    31.5 KB   disk2s1
   2:              Apple_HFS OggDropX           11.1 MB   disk2s2
/dev/disk3
   #:                   type name               size      identifier
   0: Apple_partition_scheme                    *7.0 MB   disk3
   1:    Apple_partition_map                    31.5 KB   disk3s1
   2:              Apple_HFS XiphQT 0.1.8       7.0 MB    disk3s2

disk1はiBookの内蔵HD、disk2が件の xiph-qt-0.1.9.dmg 、その下のdisk2、3はその後にDLしたイメージをマウントしたものです。

他のマウントイメージの0番が「Apple_partition_scheme」なのに対して、xiph-qt-0.1.9は「FDisk_partition_scheme」と表示されています。

なんかモヤモヤしたので、FAT32、USB接続の外付HDをiBookにつないでdiskutil list を行いました。

/dev/disk2
   #:                   type name               size      identifier
   0: FDisk_partition_scheme                    *465.8 GB disk2
   1:         Windows_FAT_32 NO NAME            465.6 GB  disk2s1

分かったような分からないような状態ですが、OS10.3では読み取り不能なファイルシステムをイメージ化した、ということでしょうか。

参考サイト
ディスクイメージファイル (.dmg) がマウント出来ない





posted by nambei-x at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | PC・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかげさまであっという間にできました。
ありがとうございます!
Posted by OGG 再生 at 2018年06月07日 10:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。