2011年11月01日

Windows7でセーフモードが機能しない場合の対処法

さっきWindows7上で一太郎のインストールに気がかりなところが発生したため、システムの復元を行いたくてセーフモードでログインしたんですが、

「エクスプローラー は動作を停止しました
問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。プログラムは閉じられ、解決策がある場合はWindowsから通知されます。」


というウィンドウが開いて、まったく操作不能になってしまいました。
「やっぱりインストール失敗だ!」と仕方なく Ctrl+Alt+Del でセーフモードを脱出、通常モードで検索を行った結果、意外な答えが・・・!

(割と有名な現象のようなので、以下の内容は自分自身に対する備忘録とします)

これは Windows7 に Office 2007 sp2 をインストールしたPC上で発生するものだそうで、Office 2007 sp2 と Office IME 2007 とのバッティングによるものだそうです。
Microsoft からも修正パッチがリリースされていますが、今回は標準の日本語入力システムを Microsoft IME に変更することで問題を解決しました。

1.言語バーを右クリックして「設定」をクリック

20111101_2157904.png


2.「全般」タブの「既定の言語」で「日本語(日本) - Microsoft IME」を選択

20111101_2157905.png


今回はこの時点で Microsoft IME を選択できなかったため、「インストールサービス」の「追加」をクリックして Microsoft IME にチェックを入れて追加したのち、既定の言語にMicrosoft IME を選択しました。

3.このままでは言語バーのアイコンがなぜか Office IME 2007 のままだったので、手順1〜2を繰り返し、Office IME 2007 のチェックを外しておきました。

20111101_2157906.png


4.これでアイコンが Microsoft IME のものに変更

20111101_2157907.png


5.再起動後 F8 キーでセーフモードでログイン、今回はすべて正常動作し、システムの復元も無事完了しました。

20111101_2157908.png




その後日本語入力システムを再度 Office IME 2007 に戻した状態でセーフモードに移行してみると、今度はエクスプローラーのエラーが発生しません。
言語バーのアイコンは自動的に Microsoft IME に変更されていました。

どうやら、当方の環境上では、Microsoft IME が選択できない状態(インストールされていない状態)だったために、セーフモードでの障害が発生した模様です。
逆に言えば、現在は使用していなくても、Microsoft IME が選択可能な状態であれば問題なくセーフモードに移行できる、ということになります。

参考サイト:
セーフモード実行中「エクスプローラーは動作を停止しました」のメッセージ - Windows 7 - 教えて!goo
日本語入力システム (日本語) 2007年修正プログラム パッケージの説明: 2009 年 8 月 14 日 - Microsoft サポート
レッツ! Windows 7 - トラブルシューティング編(1) セーフモードで起動するとエクスプローラがクラッシュする | マイコミジャーナル



posted by nambei-x at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。